************************************************************
 mail magazine   Ozeki-Letter    2003.6.6 【創刊号】
************************************************************

小田原支部の小関です。

行政書士の新たな存立基盤を築き、私達の未来への希望を見いだし
ていくためにこのメールマガジンを発行させていただくことにしま
した。毎週金曜日の定期発行という約束を自分に課し、継続してい
こうと考えていますので、皆さんのご支援、ご鞭撻を心よりお願い
申し上げます。

私は、このメールマガジンを現執行部の批判などの政治的な道具に
使おうなどとは微塵も考えておりません。ご安心を!?

あくまで、正々堂々と自分の考えを披瀝し、会と制度の発展と会員
の皆さんの業務や事務所経営にとって有益な情報を発信していきた
いと思いますので、是非、ご愛顧下さるようお願い致します。

 このメールマガジンが、皆さんのお役に立てれば幸いです。

==============================
【プロフェッションになろう】(1)

          〜石の上にも三年〜

いきなり、難しいテーマでは、肩が凝るし、つまらないので、長続
きしない。と反省。勝手にテーマを変え、楽しく行くことにしまし
た。悪しからず、ご勘弁をm(_ _)m。

わたしは、選挙に出たおかげで、あちこちの支部総会や会合でせっ
せと名刺交換をさせていただいたわけだけど、いましたねぇ、やた
らと新しい会員さんが(^o^)
「今年4月に入会しました」とか、「去年、入りました。」とか自
己紹介されちゃいましたですけど、その多さにはほんとにビックリ
です。

でもね、みんなに共通していたのは、目の輝きっていうのか、やた
らとやる気が見えたので、頼もしくもあり、羨ましくもありってと
こです。夢があるっていうのはすばらしいと思うのです。わたしら
先輩は、そう言う思いを大事にしてあげなくちゃぁいけないと思い
ましたです。

わたしも22年前にはそういう新人だったんだなぁ〜、なんて思い
出してしまいましたよ。

行政書士ってのは、昔から「食えない」職業のように言われ続けて
きた訳で、わたしの場合は「それじゃぁ、食ってやろうじゃないか
。」という思いで開業した訳だけど、最初は、やっぱりそんなに甘
いものじゃないってことをしみじみ味わいましたです。

開業した当初は、友達やら前職で知り合った先生やらから連絡があ
ったものの、3ヶ月目には、そういうのも途絶えて、事務所の電話
が“チン”とも鳴らない日が続き、それが1ヶ月も続いた日には、
「俺は世の中から忘れられてるんじゃないか」なんて思いましたよ。
さすがに、「うちの電話が壊れているのかも」なんて思って嫁さん
に外から電話をかけさせたこともありましたです(笑)。

後から聞いたら、みんなそんな経験を経てきているっていうのが解
ったので、あぁ、自分だけではないのだと思いましたがねぇ。
そん時は辛かった^^;

みんなも「石の上にも三年」って言うのを知ってるよね。
これが大事なんだ。「三年はがんばれる。」って思ってその間は、
懸命に頑張って欲しい。ドッグイヤーなんて言われる時代でも、こ
の“三年”って奴は短くはならないんだ。周りの人は、みんな君の
ことを見ている。忘れているわけじゃないのだよ。どれだけ出来る
かを見ているんだ。そして三年たっても君が行政書士をやって頑張
っていれば、そこでやっと信用が出来てくるんだ。そして、自然に
仕事を依頼してもらえるようになるのだと言うことを是非解って欲
しいと思うのですよ。。。

でも、どうやって、ていうのは次週。乞うご期待。 (つづく)

==============================
【予防法務研究】(1) 

      〜“予防法務”という考え方〜

“予防法務”という言葉は、かなり昔から専門家(弁護士、学者)
の間では使われていたのですが、一般的にはなってきませんでした。

“訴訟弁護士”に対して“渉外弁護士”という分け方がありますが、
日本の弁護士のほとんどがこの“訴訟弁護士”として活動をしてお
り、その片手間(?)として企業や個人と顧問契約を結んで契約代
理等の仕事をしてきたというのが実態のようです。

グローバルな社会(特にアメリカ)では、一般家庭にも弁護士が入
り込み、契約代理や身近な法律顧問として“予防法務的”な活動を
していることはよく知られています。

 私達の制度である行政書士法は、昨年の改正法施行によってこれ
までの“代書”業務から一歩踏み込んだ形での申請代理権と『契約
書その他の書類を代理人として作成すること。』(第1条の3第2
項)という解釈に苦しむ条文ではありますが、契約交渉権を含む『
契約代理』と解釈しても差し支えないといえる業務が加わりました。

 私は、そのことを根拠に“予防法務”が行政書士にも出来るよう
になったのだと考えています。

 これらの条項は、19条の適用は受けず、従って“独占業務”で
はないと言ってあまり積極的に活用しない向きもありますが、業務
独占となっている分野でも市場占有率はそれほど高くない実態を見
れば、独占、非独占をあまり気にする意味はなく、積極的に捉えて、
新たな分野として確立をしていく必要があるのだと思うのです。

 今後、情報化社会へ移行し、“事後チェック・事後救済社会”が
拡大していきます。それは、国民にとっては、“自己責任”を強要
される社会なのです。そのときに頼れる予防法務の専門家は、行政
書士しかいないという市民社会からの“信用と信頼”を得ることが
出来れば、新たな社会システムの中で、行政書士制度がどのように
変わってもそれぞれの行政書士が充分に生き残っていく道が開ける
ものと期待できます。               (つづく)

==============================
【業務お役立ち情報】

【経営事項審査】〜 X1評点の新計算方式が決まる 〜

 昨年、経営事項審査のX1(完成工事高)評点のテーブルの暫定
的な改正が行われましたが、このたび、本格的な改正として「線形
式」による計算方式が公表されました。

 従来の評点テーブル方式では、テーブルの幅の範囲内では同じ評
点が与えられていました。しかしその場合、例えば完成工事高が30
億円の企業も39億円の企業も一律に1165点が与えられていたため、
テーブルの切れ目による有利不利がありました。

 今回の改正は、階段状に上がっていた評点の「谷間」を線形式で
補うもので、これにより、30億円の企業は従来通り1165点ですが、
39億円の企業は、1208.2点になるなど、完成工事高に応じて評点が
変化することになります。

 新しい評点の計算式は、次のとおりで、平成15年10月1日申請分か
ら適用されます。
       http://tenmei.pos.to/X1senka.htm

※ 『再審査』については、具体的な発表はありませんが10月の
 実施近くに明らかになると思われます。

==============================
【行政書士法を読む】・・・・・・・・・(1)

 行政書士法は、私たち行政書士という国家から与えられた資格を
使って業務を行う者にとっては、最も大切な法律です。

 大げさな言い方をするならば、私たちにとって行政書士法はアル
ファでありオメガであります。

 いま日本社会が大きく変化を遂げようとしているときに、この行
政書士法もまた大きな変化(改正)を余儀なくされていますし、今
後もさらにこの改正の動きはやむことはないであろうと思われます。

 昭和26年2月に誕生した行政書士法が、満50歳を超えて、さ
てこれからまたどのような変化を遂げながら、国民の期待や要望に
応えうる制度に成長していくことができるか、ということに思いを
馳せながら、みなさんと一緒に行政書士法を読んでいけたらいいな
と考えています。

 その中から、行政書士のあるべき明日が少しでも垣間見られるこ
とがあれば、望外の喜びと思う次第です。  (つづく)

※ この連載は、全国建設関係行政書士協議会(全国建行協)での
 友人である岡山県の“八尾信一氏”の提供です。

==============================
【今週の一言】
このメールマガジンは、今回の選挙で生まれた改革への組織風土を
是非、育てて頂きたいという思いから企画をしてみました。
出来うる限り続けていく覚悟ですので、是非、皆様の応援をお願い
致します。

いくらトップが変わっても、組織風土が旧態依然のままであれば、
改革は進みません。

私は、この業で日々の糧を得て生計を営んでいる会員を大事にして
こその行政書士会だと考えています。

名誉やポストをめぐって争う組織では、もはや生き残ってはいけま
せん。そのことを是非、多くの会員の皆さんに理解して欲しいと思
うのです。

しかし、情報化社会という新たな社会システムで私達が生き残って
いくためには、“組織”は絶対に必要なのです。

“組織”と言っても、これまでのような情報を秘匿して維持を図る
ヒエラルキー(階層)によるピラミッド型の組織ではなく、情報を
開示し説明責任をきちんと負い、会員の皆さんとの信頼関係の下で
情報を共有し、共通理解という土壌のある組織が必要なのです。

今回の選挙の結果は残念でしたが、落胆することなく、新たな改革
に向けて皆さんと共に頑張りたいと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【Ozeki-Letter】            2003.6.6 【創刊号】
    (引用転載の制限はまったくございません。)
【発行人】行政書士 小関典明(小田原支部会員)
       HP URL  http://tenmei.pos.to/
      e-mail   ozeki-n@gyosei.or.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
もし、当方からのメールがご迷惑な場合はお手数ですが、このメー
ルの返信にて【配信中止】の旨をお書きになり送信して頂けますよ
うお願い申し上げます。また、皆さんの周りに購読を希望される方
がおられましたら私宛に『購読希望』のメールをいただけるようお
知らせ頂ければ幸甚に存じます。