************************************************************
mail magazine   Ozeki-Letter    2004.7.2 【第57号】
************************************************************


小田原支部の小関です。
 梅雨の時期だというのに真夏ような天気が続いています。あっつ
いですねぇ^^;。
 まだこれからが夏本番なので、今年は特にきつい夏になりそうで
す。体調管理には万全を期さなくては乗り切れません。頑張りまし
ょう。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【業務実践講座】         M


      〜会計に関する知識を身につけよう〜

 建設業や運輸事業などの業許可関係業務、あるいは、M&Aなど
に関する業務を遂行する上で会計に関する知識技能は必須であると
言えます。
 また、自身の事務所経営を成功させていく上においても会計情報
に基づいた収支バランスを身につけることは重要なことです。

 「会計」といっても経理事務を取り扱うわけではないので、行政
書士としては、簿記3級程度の知識があれば足りると思います。必
要なことは、「決算書」が読めることとそこにある数値データを分
析して問題点を抽出し、その問題を解決する方法を提案できる能力
であると考えています。

 日本の会計制度は、商法会計が基本で、上場企業のための証券取
引法会計と法律上では存在していませんが、実務上の税務会計とい
うトライアングルで構成されています。

 これまでは、通常、会計は税務申告のためにするという考え方が
支配的であったために商法の企業会計原則や財務諸表規則が軽視さ
れ、特に中小・零細企業では税法が認める会計処理を最優先させる
税務会計が主流でした。しかし、完全に長期化した不況の中で、健
全な経営を行うためには、業態にあった適正な会計によって提供さ
れる数値データーに基づいた経営判断が必要不可欠となり、税務申
告のためにする会計ではなく、自社の安定した経営基盤を築くため
の会計に対するニーズが高まっています。

 一般的には、会計の専門家は公認会計士と税理士であると認識さ
れ、残念ながら行政書士が会計についても高い専門性を有している
という社会的認知はあまりありません。しかし、税理士は税法の専
門家であり、公認会計士は、企業監査の専門家なのであり、業許可
等によって商法会計に基づく財務諸表の作成を求められる行政書士
こそが「会計」に関する専門知識を修得し、活用できるポジション
にいるのだということを是非理解していただきたいものです。
                          (続く)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【制度と会を考える】
 私は、一昨年の末、まだ企画開発部長の職にあったときに「神奈
川県行政書士会のとるべき施策について」という文書を書き、行政
書士かながわの03年1月号に掲載していただきました。
 残念ながらその文書で提言させていただいた施策を実現する立場
を獲得するには至りませんでしたが、時代がさらに進展し、提言さ
せていただいた施策をさらに時代にあったものにし、将来の行政書
士制度と行政書士会組織にとって必要な改革を行って行くための戦
略を皆さんとともに考えていきたいと思います。

 日本行政書士会連合会(日行連)とその構成員である各都道府県
行政書士会は、行政書士法によって設立を義務づけられている特殊
法人であり、行政書士は、日行連にある行政書士名簿に登録し、都
道府県行政書士会に入会しなければ業務を行うことができないとい
う強制会制度をとっています。

 つまり、個々の行政書士にとって行政書士会は拠り所であり、行
政書士会を通じて社会的活動を行うことになります。そして、行政
書士会は、行政書士制度の適正な運用を確保するとともにその発展
を期するために必要な活動を行い、会員行政書士に対してその業務
に必要な情報を提供するとともに指導助言を行うことを使命として
います。

 私たちの行政書士制度は、多様な資格取得原因や非常に広範な業
務範囲といった特徴や専業比率が低いという実態を有しているが故
に残念ながら行政書士会に対する帰属意識が低く関心が薄いという
側面がありますが、行政書士制度を維持し発展させていくためには
なくてはならない組織であり、その成果は良くも悪くもすべての会
員行政書士にあまねく享受されるものなので、是非重大な関心を持
ち、積極的に会活動に参加をしていただきたいと思います。

 個々の会員行政書士の事務所は、その業務を通じて経済活動を行
っていますが、行政書士会は、業界団体という性格を持った「非営
利組織」です。従って、その成果をどう測定するかは非常に難しい
ものがありますが、前述した行政書士会の使命に照らして、必要な
活動を行って、どれだけ前進があったのかが問われることとなると
思われます。
                         (つづく)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【今週の一言】 6/30(水)の『てんめい尽語』から
             http://www.ozeki-office.com/blog/
【新入会員のご挨拶】
昨日、最近行政書士登録をして入会をしてきた小田原支部の新入会
員さんが挨拶に見えられました。30代の若い会員さんです。私の
体験を含めていろいろな話をし、私の書いた「新入会員レクチュア
ー」を差し上げて、支部の活動に積極的に参加をするようお願いを
しました。

この間、様々な新人の皆さんと話をしてきましたが、多くの人がそ
うであるように、割と楽観的にというか気軽にというか、そんな感
じで入会してきているように見えるのですが、そんなことはないの
でしょうか。

先日聞いた話では、新人の会員が、自分のサイトで“これもできる
、あれもできる”と表示をして、それを見た依頼者が仕事を頼んだ
ところ、その業務に全く対応できずにその依頼者に損害を与え、訴
えられるというケースが増えているそうです。

確かに、行政書士のサイトの多くは、行政書士の業務を列記してい
るものが多く見受けられます。経験を持った行政書士であれば、自
分の得意分野をきちんと表示しているのでしょうが、まだ“コア”
といえる業務を持たない新人の場合は、できる、できないに関わら
ず、すべての業務を網羅して業務依頼の取得機会を増やそうとする
のでしょう。

気持ちは分かりますが、かなりリスクは大きいのだと思うのです。
すべての業務を網羅して一つでも多く仕事をとりたいと思うのであ
れば、自分の実力をきちんと認識した上で、会や支部の活動に積極
的に参加をして先輩行政書士との信頼関係を構築し、業務について
いつでも支援を受けられるネットワークを作るべきであると思うの
です。

割と気軽に開業する人は、自分の力を過信しているか、または行政
書士の業務を軽く見ているのではないとさえ思えます。まずは、自
分を見つめ直し、行政書士にとって必要な資質とは何かを考え、学
び、それを習得するための努力をしてほしいと思うのです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【Ozeki-Letter】           2004.7.2 【 第57号 】
(引用転載の制限はまったくございません。ただし、本文中第三者
の方からの提供による引用転載部分については、除きます。)

なお、このメルマガのバックナンバーは、下記をご覧ください。
 http://www.ozeki-office.com/mail-magazine/index.html

【発行人】行政書士 小関典明(小田原支部会員)
     HP URL  http://www.ozeki-office.com/
      e-mail ozeki-n@gyosei.or.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
もし、当方からのメールがご迷惑な場合はお手数ですが、このメー
ルの返信にて【配信中止】の旨をお書きになり送信して頂きますよ
うお願い申し上げます。また、皆さんの周りに購読を希望される方
がおられましたら私宛に『購読希望』のメールをいただけるようお
知らせ頂ければ幸甚に存じます。