************************************************************
mail magazine   Ozeki-Letter    2004.8.20【第64号】
************************************************************


小田原支部の小関です。
 今回は、皆さんにアンケートです。
 今、秋にこのOzekiーLetterの読者の皆さんのためのオフ会という
か、集まれる場をつくりたいと考えています。
 そこで、皆さんの希望を伺いたく、下記の事項について質問をさ
せていただきますので、よろしくお願いします。
一人でも多くの皆さんのお答えをお待ちしています。

@ オフ会などのイベントがあれば参加を希望しますか?
 イ.是非参加をしたいので企画をしてほしい。
 ロ.企画の内容によるが、参加はしてみたい。
 ハ.あまり関心はないので、どちらでも良い。

A オフ会の内容はどんなものを希望しますか?
 イ.予防法務に関する研修
   予防法務研究+契約代理講演+懇親会
   ※ 予防法務研究会と共催します。
 ロ.業務実践講座+懇親会
   メルマガで連載した内容をさらに深める。
 ハ.制度と会を考える研修+懇親会
   行政書士制度や会組織に関する理解を深める。

  ※ 懇親会は、情報交換の場です。互いのネットワークを広げ
   ましょう。

B オフ会などのイベントは、
 イ.土曜日がよい
 ロ.ウィークデイの夕方からがよい
 ハ.ウィークデイの昼間でもよい

C オフ会などのイベントの会場は、
 イ.横浜関内周辺がよい
 ロ.横浜駅周辺がよい
 ハ.交通の便が良ければどこでもよい

D 何かご意見、提案があればお聞かせ下さい。



このアンケート部分をカット&ペースト(切り張り)して返信メー
ルを作成し、8月31日までに小関宛ご返信下さい。
ご多忙中大変恐縮に存じますがよろしくお願いいたします。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【今週の一言】 8/20(金)の『てんめい尽語』から
             http://www.ozeki-office.com/blog/
【事務局機能検討特別委員会】

 今日は、午後から神奈川県行政書士会の“事務局機能検討特別委
員会”の第一回会合に出席するため、横浜行きです。

 この“事務局機能検討特別委員会”は、行政書士会の事務局のあ
り方を見直すための検討を行うために設置されたもので、委員長で
ある横須賀の吉田前副会長さんからお声をかけていただき、委員と
して参加させていただくこととなりました。

 今日の会合は、初めての顔合わせなので、この特別委員会の設置
理由や議論の方向性についての共通理解をつくるために積極的に議
論に参加していきたいと思います。

 とはいえ、私にとっては久しぶりに本会での活動に参加するので
、状況を見定めながら建設的な議論が出来る雰囲気をつくれるよう
努力をしてみたいと思っています。

 この事務局機能の見直しは、今年2月頃に事務局職員の給与規定
の改定を巡っていろいろあったようで、その議論を受けて特別委員
会の設置となったようです。

 この事務局機能の見直しについては、私自身昨年7月4日第5号
の「今週の一言」で
「現執行部の方々が、事務局の状況を的確に把握し、事務局のあり
方をきちんと見直すための施策を実施されることを期待したいと思
います。」と書きましたが、ようやくその施策を実施するための検
討が始められることは本当に喜ばしいことです。

 今後、この委員会で検討される事項について出せる情報は、出来
るだけ迅速に皆さんにお知らせしていきたいと思います。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【Ozeki-Letter】            2004.8.20 【第64号】
(引用転載の制限はまったくございません。ただし、本文中第三者
の方からの提供による引用転載部分については、除きます。)

なお、このメルマガのバックナンバーは、下記をご覧ください。
 http://www.ozeki-office.com/mail-magazine/index.html

【発行人】 行政書士法人 小 関 事 務 所
     代表社員 小関典明(小田原支部会員)
     HP URL  http://www.ozeki-office.com/
      e-mail ozeki-n@gyosei.or.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
もし、当方からのメールがご迷惑な場合はお手数ですが、このメー
ルの返信にて【配信中止】の旨をお書きになり送信して頂きますよ
うお願い申し上げます。また、皆さんの周りに購読を希望される方
がおられましたら私宛に『購読希望』のメールをいただけるようお
知らせ頂ければ幸甚に存じます。