************************************************************
mail magazine   Ozeki-Letter    2004.9.3 【第66号】
************************************************************


小田原支部の小関です。

 アンケートにお答えいただいた皆さんありがとうございました。
 この集計結果に基づいて、オフ会・研修会を企画してみたいと思
います。開催予定が決まり次第、このメルマガを通じてお知らせし
ますので、一人でも多くの皆さんがご参加下さいますようお願いい
たします。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【オピニオン】                    (1)

 神奈川県行政書士会は、ここ数年の間に“行政書士バブル”とも
いえそうな勢いで会員数が急増し、1,800名を擁する会となり
ました。
 会員数が増えることは、会の財政を豊かにし、組織の活性化につ
ながる可能性を広げるというポジティブな側面と、営利企業や通常
の組織のように確立された組織の中に新入社員が増えるのとは違い、
意識するしないにかかわらず行政書士として独立開業するためには
強制会である行政書士会に入会しなければならないという特性の下
では、会員であるにもかかわらず会への帰属意識の低い会員が多く
存在することとなり、制度的コントロールの効かない状態が生まれ
るというリスクが拡大しているというネガティブな側面があります。

 しかも、個々の行政書士は独立した事業者であり、また、その出
身や資格取得の種別、兼業の有無などによって組織的活動を行って
いく環境や意識には当然に“温度差”があり、組織全体として共通
理解に基づく共同行動をとることは極めて難しいという現実があり
ます。

 従って、会としての組織的活動は、執行部といわれる会長を中心
とした執行組織に委ねられているわけですが、会員個々の会組織へ
の帰属意識を高め、制度の維持・発展に向けた活動や専門家として
の能力担保の確立を目指す活動を展開していくことが今後の重要な
課題となっていると考えています。

 そこで、来年の総会を目指し、会員の皆さんの意識改革に少しで
も資するために、“オピニオン”を連載していこうと思います。

 この“オピニオン”では、強制会制度の意義や行政書士にとって
の組織の必要性、今後求められる組織のあり方などを考えていきた
いと思います。『無関心ではいられない』、そんな連載にしていく
ために頑張りますので、引き続きご愛読下さるようお願いいたしま
す。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【小田原支部よりのお知らせ】

  会員親睦『浜名湖花博』日帰りバス旅行に参加しませんか。

 小田原支部では、会の要領で今年の会員親睦旅行会を計画してい
ます。(秦野・伊勢原支部と共催の予定です。)
 今年は、バス一台を借り切れる人数(45名)を目標に取り組ん
でいますので、他支部からの参加を歓迎します。『花博』に行って
みたいとお考えの方は是非ご一緒しましょう。

             記

日 時  平成16年10月2日(土)
     集合場所:小田原駅西口(新幹線側)ロータリー
          午前7:30集合 8:00出発
          ツアーを利用しますので、時間厳守です。

行き先  浜名湖花博(見学時間は4時間です。)

     花博ガイドです。
     http://www.flora2004.or.jp/tems/pc/top/A0010.jsp

対象者  会員及び家族、補助者、友人どなたでも結構です。

参加費  一人 7,000円(当日徴収します。)
    (ただし、小田原支部、秦野・伊勢原支部会員関係者は、
     支部負担金がありますので5,000円です)

申 込  下記のURLから申込書をダウンロードして必要事項を書き
     込み小関事務所宛FAX(0465-35-2224)にて9月15日まで
     にお申し込み下さい。

  http://www.ozeki-office.com/mail-magazine/mousikomi.pdf

     参加される方の氏名、住所及び生年月日、傷害保険の付
     保希望の有無の情報があればメールでの申込も受け付け
     ます。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【業務実践講座】                    R
     〜経営状況分析:登録機関の乱立傾向〜

 今年3月の建設業法施行規則の改正によって、これまで指定機関
として経営状況分析を(財)建設業情報管理センター(分析センタ
ー)が独占してきたものを“登録機関制度”に移行し、民間からの
参入が可能になりました。

 登録機関は、8月現在で、(財)建設業情報管理センターを含め
、7つの法人及び個人が国交省の登録を受け、3つの機関が分析業
務を始めているようです。今後、年内にあと2つの会社が登録申請
を準備中との話もあり、登録機関が二桁になるのは時間の問題のよ
うで、競争が激化する市場になることは自明のようです。

登録機関によっては、即日終了通知書を出す。とか、行政書士が代
理申請した場合はバックマージンを出す。とか言っているところも
あるようなのですが、きちんとした審査が出来るのかどうかはこれ
からを見なければわからないというのが実情のようです。

分析手数料の低廉化や処理の速さは、我々実務家にとっては大変魅
力ではありますが、分析に対する信頼を低下させることのないこと
を願わずにはいられません。我々も、登録機関を利用する場合には
、よくよく吟味をして決めていく必要がありそうです。

現状で、一番信頼のあるのはやはり、これまでの実績のある情報管
理センターなのですが、こちらも、全国の申請を西日本支部(大阪
)と東日本支部(東京)の2ヶ所だけでの受付る体制となり、これ
まで、各都道府県や国交省との調整の下に行っていたものが、独自
の判断で審査することとなり、ぎくしゃくやトラブルが生じている
ようなので、サービスの改善は避けて通れないようです。いずれに
しても、今後よく見定めていくことが重要です。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【今週の一言】 9/1(水)の『てんめい尽語』から
             http://www.ozeki-office.com/blog/
【建設業と行政書士の関係】
昨日、「建設業と行政書士の関係の歴史的考察」のPPTを建設産
業史研究会の事務局である建設産業図書館の担当者様に送らせてい
ただきました。

この資料作りに取り組んだおかげで、様々な情報をいただき、大変
勉強をさせていただきました。今週建設産業図書館の菊岡館長様か
ら送っていただいた新潟県建設業協会史という資料には「入札と代
書人」という項があり、明治、大正期には県庁の中に代書人がいて
、県の委託を受けて入札事務の一部を担当していたという記述があ
り、行政書士(行政代書人)と建設業の関わりは古くからあったこ
とを知り、改めて感銘を受けました。

ただ、戦時体制が強まった時期に公共工事の発注がなくなり、県庁
内にいた代書人たちが職を失い、戦後すぐの戦災復興期には建設業
協会が代書人の代わりに認可を受け事務を行ったとあり、その後、
入札・契約事務の中に代書人・行政書士が関わっていく場が出来な
かったことは残念に思います。

本当に私達の先達である代書人の人々の様々な努力によって今の行
政書士制度への発展があり、その精神は今も生き続けているのだと
思うのです。今回、代書人→行政書士の歴史に改めて触れ、この制
度が、官製(中央主導)のものではなく、地域のニーズの中から地
方ごとに規則や条例が出来、その流れが中央政府を動かして規則や
法律が出来てきたということを確信しました。

つまり、私達の行政書士という制度は、国民のニーズに支えられ、
発展してきたのであり、逆に言えば、国人のニーズに常に目を向け
ていなければ制度は維持していけないということなのだという自覚
を持たなければならないと強く思います。求めるべきは、官の庇護
ではなく、国民(市民、県民)との“信用と信頼”の構築なのです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【Ozeki-Letter】            2004.9.3 【第66号】
(引用転載の制限はまったくございません。ただし、本文中第三者
の方からの提供による引用転載部分については、除きます。)

なお、このメルマガのバックナンバーは、下記をご覧ください。
 http://www.ozeki-office.com/mail-magazine/index.html

【発行人】 行政書士法人 小 関 事 務 所
     代表社員 小関典明(小田原支部会員)
     HP URL  http://www.ozeki-office.com/
      e-mail ozeki-n@gyosei.or.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
もし、当方からのメールがご迷惑な場合はお手数ですが、このメー
ルの返信にて【配信中止】の旨をお書きになり送信して頂きますよ
うお願い申し上げます。また、皆さんの周りに購読を希望される方
がおられましたら私宛に『購読希望』のメールをいただけるようお
知らせ頂ければ幸甚に存じます。