************************************************************
mail magazine   Ozeki-Letter    2005.1.7 【第84号】
************************************************************


小田原支部の小関です。
 
 新年を迎えてもう7日、今日は七草です。
 当事務所は、5日から平常業務を始めていますが、なんやかやと
バタバタしています。
 昨年末に起きた“スマトラ沖巨大地震と津波”は、想像を絶する
被害をもたらしているようです。地震国日本に住む私たちには人ご
とではありません。特に、長い間地震の空白域となって膨大なエネ
ルギーが蓄積されていると言われているここ小田原を中心とする地
域では、危機感が募ります。新潟中越地震で被災した仲間の行政書
士が教訓をMLに書いてくれていましたので、11月18日の私の
サイトの「尽語」に引用させてもらったのですが、忘れてしまわな
いようにここで再度引用させてもらいましょう。

【教訓1】
 防災用品・水・布団は、家の入り口にあってこそ被災時に役に
たつもの。被災時に、家の中、ましてや奥には入れない。
【教訓2】
 被災後、最初の1日半くらいは、水と食料に困ります。以降は
 配給体制が整います。コンビニは、被災直後すぐに店頭で生も
 の・食料を処分販売しました。当面の食料は自力で確保を。
【教訓3】
 被災時、本人の時間をとらない連絡手段がありがたい。
 地震で家中がひっくりかえっているときには、住所録や連絡先
 をさがすこともできない。ハガキは重宝。
【教訓4】
 サッシを施錠していても直下型地震では外れてしまいます。
 また、玄関ドアなどはしっかり施錠していたために揺れでこわれ
 てしまいました。地震後は鍵の点検を。
【教訓5】
 今日日、災害時、お寺や神社は一番危険
【教訓6】
 建物には基礎があるけど、「道路には基礎がない」から、
 陥没のおそれ大。地震が起こると、落下物ばかり気にする
 が、足元にこそ注意。
【教訓7】
 マンホールの蓋の近くは隆起・陥没が特に目立つ。
 道路で地震にあったら、マンホールの蓋からは離れる。
【教訓8】
 ボランティア強盗に注意。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【オピニオン】

    〜PCリテラシィーから情報リテラシィーへ〜

 2005年、世界的なIT革命の進行する中で、我が国は「世界
最先端の電子政府」の稼働によって情報化社会へと一気に移行を始
めていきます。
 情報化社会では、コンピュータ(PC)・リテラシィー(パソコ
ン操作能力)は当たり前の前提となり、いつでも、どこでもコンピ
ュータと触れあう“ユビキタス”社会が訪れてきます。
 つまり、「私はパソコンが苦手」だとか「さわりたくもない」と
かとは言っていられない状況になるのです。
 今、子供たちはいとも簡単にパソコンを操作し、インターネット
から様々な情報を取り出したり、世界中の対戦相手とゲームを楽し
んだりしています。この子供たちが成人する頃にはPCリテラシィ
ーなどという言葉は死語になっているのかもしれません。
 現在、神奈川県行政書士会では、この情報化社会への移行に対応
するために「文書管理システム」を立ち上げ、情報の整理、データ
ベース化をすすめ、会員にとって必要な情報を素早く公開するため
の整備をしています。この「電磁記録」(デジタルデータ)となっ
た情報を入手し、業務の遂行に役立てるためには、コンピュータの
操作能力がどうしても必要になります。
 といっても、それほど難しいものではなく、ワープロ(機能)が
使えれば充分に対応できる程度なのです。
 パソコンを使うという最低限の能力を身につけたら、インターネ
ットなどの通信ネットワークを使って、情報を入手することができ
ます。そうしたら今度は、その情報を使って“資源化”する能力が
必要になってきます。この能力のことを“情報リテラシィー”と言
います。
 これからの社会では、この情報リテラシィーが不可欠になります。
特に「組織」にとっては、「情報」を資源化するために必要な改革
を避けては通れません。そのために役員は、情報に通暁し、情報と
いう道具の使い手にならなければならないのです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【今週の一言】 1/5(水)の『てんめい尽語』から
             http://www.ozeki-office.com/blog/

【今日は“仕事始め”】
今日は当事務所の仕事始めです。今年も頑張りましょう。

今年2005年については、ずいぶん前から電子政府の稼働による
「情報化社会」の幕開けであり、大転換期を迎える年であることを
書いてきました。

変化はもう既に何年も前から起こっており、その変化が社会に顕在
化してくるのが今年であると思っています。が、その変化は時とし
て予想し得ない形で現れてくるものです。私たちは、既に起こって
いる変化を注意深く考察しながら予期しない変化に対応していかな
ければなりません。

いずれにしても、これまで当然の前提としてきた常識をそのままの
前提として思考していたのでは変化が見えてこないことは自明の理
です。今はまさに耳にたこができるほど言われてきた“IT革命”
のまっただ中にあり、IT革命によるパラダイムシフトが起こって
いるという認識の下に“ゼロベース思考”で事象をとらえ、これか
ら起こってくる価値観の変化を的確に把握し、その新たな価値観に
基づいた思考によって成果を上げるべく努力をしていかなければな
りません。

情報化社会へのシフトは、情報技術の進歩やそれを利用した社会シ
ステムの高度化やe−コマースの拡大といった現象ばかりではなく
、社会が共有する価値観を変え、その新たな価値観に基づく社会規
範や文化を生み出していきます。そういう意味においても今年は
“面白い”年になると思っています。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【Ozeki-Letter】            2005.1.7 【第84号】
(引用転載の制限はまったくございません。ただし、本文中第三者
の方からの提供による引用転載部分については、除きます。)

なお、このメルマガのバックナンバーは、下記をご覧ください。
 http://www.ozeki-office.com/mail-magazine/index.html

【発行人】 行政書士法人 小 関 事 務 所
     代表社員 小関典明(小田原支部会員)
     HP URL  http://www.ozeki-office.com/
      e-mail ozeki-n@gyosei.or.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
もし、当方からのメールがご迷惑な場合はお手数ですが、このメー
ルの返信にて【配信中止】の旨をお書きになり送信して頂きますよ
うお願い申し上げます。また、皆さんの周りに購読を希望される方
がおられましたら私宛に『購読希望』のメールをいただけるようお
知らせ頂ければ幸甚に存じます。