************************************************************
mail magazine   Ozeki-Letter    2005.1.22【第86号】
************************************************************


小田原支部の小関です。
 年が明けて3週間、1月も下旬になろうというのになかなかエン
ジンのかからない今日この頃なのです。皆さんはどうお過ごしでし
ょう。
 今週火曜日の本会賀詞交歓会では普段会えない皆様との久々の出
会いを楽しんできました。ただ、知らない顔や名前と顔の一致しな
い方が多くおられ、知らないうちに失礼があったかもしれません。
もしそのようなことがありましたら心よりお詫びいたします。
 また、多くの方に「メルマガいつも読んでいます。」とか「継続
していることはすばらしい」、「情報をもらうばかりで返信しなく
てすいません」とかのお声をかけていただきました。嬉しい限りで
す。ありがとうございました。
 会場では、宮内日行連会長や盛武名誉会長さん、茨城会の郡司会
長、12月の茨城会の研究会でお世話になった古川業務研修部長さ
んや建設業情報管理センターの東日本支部長さんらと親しく歓談さ
せていただき、楽しい時間を過ごしました。
 早川総務部長をはじめ当日のスタッフと事務局の皆さんに感謝で
す。ご苦労様でした。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【業務実践講座】
                    IT時代の法務知識A
       〜情報化社会へ向けた法整備の状況〜

 まずは、情報化社会のシステムを理解する上で知っておきたい法
律を挙げてみよう。

(1) 「電子署名及び認証業務に関する法律」(電子署名・認証法)
   2000年5月24日成立、2001年4月1日施行
  主な規定内容
  ○ 私文書における電子署名に対する民事訴訟法上の形式的証
   拠力の付与
  ○ 電子署名を行うための認証局の要件

(2) 商業登記法
   法人が電子署名を利用し、あるいは法人の作成する電子デー
  タの電子公証制度を実現するために2000年4月に改正され
  た。
  ○ 商業登記制度による法人認証

(3) 「書面の交付等に関する情報通信の技術の利用のための関係法
  律の整備に関する法律」(IT整備一括法)
  ○ 消費者保護の観点から交付されていた書面の電子化
  ○ 安全確保の観点から取り引きに置いて要求されていた書面
    の電子化
  ○ 組合や団体内における各種総会において求められていた書
    面による議決権行使の電子化

(4) 高度情報通信社会情報基本法(IT基本法)
   2000年11月成立、2001年1月施行
  ○ 高度情報通信ネットワークの拡充、コンテンツの充実、情
   報活用能力(情報リテラシー)の習得の一体的推進
  ○ 世界最高水準の高度情報通信ネットワークの形成、公正な
   競争の促進その他の措置
  ○ 国民の情報活用能力の向上及び専門的人材の育成
  ○ 規制改革、知的財産権の適正な保護・利用等を通じた電子
   商取引の促進
  ○ 電子政府、電子自治体の推進(行政の簡素化、効率化、透
   明性の向上)、公共分野の情報化
  ○ ネットワークの安全性及び信頼性の確保、個人情報の保護
  ○ 創造性のある研究開発の推進
  ○ 国際的な協調及び貢献(国際規格の整備、対LDC協力)

 以上の外に、■行政手続オンライン化関係三法(「行政手続等に
おける情報通信の技術の利用に関する法律」(行政手続オンライン
化法:2003年2月施行) 「行政手続等における情報通信の技術の利
用に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」、「
電子署名に係る地方公共団体の認証業務に関する法律」を併せて「
行政手続オンライン化関係三法」と呼ばれている。)、「個人情報
保護関連5法案」 、「行政機関の保有する情報の公開に関する法律
(2001年1月施行)」 「電子署名に係る地方公共団体の認証業務に
関する法律」(公的個人認証法:2002年12月成立)や昨年12月の
国会で全面改正された「不動産登記法」などがあります。
                         (つづく)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【今週の一言】 1/18(火)の『てんめい尽語』から
             http://www.ozeki-office.com/blog/

【今日は賀詞交歓会】
今日は気持ちよく快晴。気温もさほど低くないです。今日は、午後
から神奈川県行政書士会の賀詞交歓会で横浜行きなので助かります


今日の賀詞交歓会では、Ozeki−Letterの感想や意見を
是非聴いてみたいと思います。今年はまた選挙の年なので、その件
に関してもいろいろなことを言われるのではないかと思ってはいる
のですが、率直に言って、今の段階ではその決意にまで至っていな
いというのが本音なので、出来るだけ、その話題には触れないよう
にしたいと思います。

私は、これまでもたびたび主張してきたように、情報化社会という
新たな社会システムに対応していくための組織・制度の改革が不可
避的に必要だと思っています。が、しかし、そのことがなかなか共
通理解というレベルになっていかないことに少々ジレンマを感じ始
めています。

確かに、この激動の時代に行政書士制度と会の中で“オピニオンリ
ーダー”もしくは“チェンジリーダー”としての活動の“場”を獲
得したい。獲得しなければならないという気持ちは強くもっている
のですが、残念ながら改革は一人では出来ません。

一昨年の選挙での失敗を教訓に2年後を目指して“チーム小関”的
なものを作るという戦略目標の下に毎週金曜日にメルマガを発行し
、会報に投稿したり、オフ会や予防法務研究会を開催するなどして
意識改革を進めてきたつもりなのですが、私の意見や考え方に呼応
した形で“心理的共振”を起こすまでには至っていないようです。
すべては私の不徳ということに尽きるのですが残念ではあります。

現状では決意をするに至らない状況ではありますが、あと4ヶ月の
間にどれだけ風を起こせるか解りませんが、決意をする環境が出来
るように頑張ってみたいと思います。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【Ozeki-Letter】            2005.1.21【第86号】
(引用転載の制限はまったくございません。ただし、本文中第三者
の方からの提供による引用転載部分については、除きます。)

なお、このメルマガのバックナンバーは、下記をご覧ください。
 http://www.ozeki-office.com/mail-magazine/index.html

【発行人】 行政書士法人 小 関 事 務 所
     代表社員 小関典明(小田原支部会員)
     HP URL  http://www.ozeki-office.com/
      e-mail ozeki-n@gyosei.or.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
もし、当方からのメールがご迷惑な場合はお手数ですが、このメー
ルの返信にて【配信中止】の旨をお書きになり送信して頂きますよ
うお願い申し上げます。また、皆さんの周りに購読を希望される方
がおられましたら私宛に『購読希望』のメールをいただけるようお
知らせ頂ければ幸甚に存じます。