************************************************************
mail magazine   Ozeki-Letter    2005.2.4 【第88号】
************************************************************


小田原支部の小関です。
 2005年ももう2月入りました。速いですねぇ。
 
 先日も、読者からメールを頂きました。そこには「行政書士の仕
事をまじめにやっている人たちが貧乏なのに、まず驚きました。」
とありました。新規参入した皆さんには確かにそのように見えるの
かもしれません。
 私は「なぜ、貧乏な行政書士が多いのかということですが、プロ
フェッショナルとしての心構えや気概がない人が多いのだと思って
います。」という意見を書いて返信をしました。
 そこで、プロフェッショナルとは何かを少し書いてみたいと思い
ます。
プロフェッショナルの定義については、色々なものがありますが、
「どんな地味に見える技術・知識でもきちんと反復・習得していて
、自分の仕事に誇りがあって、その仕事で食ってる人」という捉え
方を支持したいと思います。
「あなたは行政書士のプロフェッショナルか?」と問われて「そう
だ」と躊躇なく即答できる人は、よっぽどの自信家でない限り、き
ちんと実力を持って事務所経営をしている人だと思います。
そうでない人は、プロフェッショナルとは何かについて真剣に考え
、その「思考方法」と「行動様式」を身につける必要があります。
たまたま仕事が転がり込んできて、たまたま自分が研修などで知識
を仕入れた仕事で、やってみたらうまくいって顧客から感謝され、
報酬ももらえた。それはそれで、喜ばしいことではありますが、そ
ういうことでは“プロ”とはいえません。
“プロ”とは、ギャンブルのような不確実性の中で仕事をするので
はなく、成功の確率を限りなく高めて成果を上げ続けることが出来
なければなりません。そのためには、専門家性を高める。つまり「
どんな地味に見える技術・知識でもきちんと反復・習得して」いる
ことが必要であり、「思考し行動する技術」を身につける必要があ
るのです。ただ「一生懸命頑張れば何とかなる。」ということでは
、この技術は身には付きません。自らを変革し、戦略的な思考の下
に意識改革を進めることが重要なのです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【業務実践講座】
                    IT時代の法務知識C
       〜電子申請で予想されるトラブル〜

 今回は、これから始まるオンラインでの電子申請における問題点
を考えてみたいと思います。

 行政手続法上、申請はその到達と共に効果が生じ、審査が開始さ
れるか、補正が求められ、或いは拒否がされることとなります(行
政手続法第7条)。従って、オンライン申請の場合には、主に申請
の到達の有無がまず問題となります。
 そして、たとえ到達が確認されたとしても、データを読むための
アプリケーションの互換性や文字化けなどのバグによって内容が判
読できないような場合、その原因が申請者側にあるのか受付側にあ
るのかといった問題も争点になりうる可能性があります。

 第2の問題として、申請自体が到達しているにもかかわらず、申
請者が企図したとおりの効果を生じない、或いは覚えのない行政手
続が進められるといったケースも想定されています。

 このような紛争の要因として、大きく分けると次の3つが考えら
れています。
○申請者の故意または過失により誤ったデータを送信したケース
○受付側が故意または過失によって申請データとは違ったデータで
 手続を進めてしまったケース
○第三者が本人になりすまして申請手続を進めたケース

 このうち特に問題となるのが、申請者と受付側のどちらに過失が
あるのかが争われるようなケースです。
 考えられるのは、証明書の発行を申請するような場合、行政側の
サーバーに対するアクセス集中により、申請者が何度かリトライ(
再アクセス)を繰り返し、結果としてそのうちの複数回のアクセス
によって受付が完了してしまい、手数料も完了回数分だけ請求され
たような場合、申請者側の確認ミス(申請者側の過失)となるのか
、或いは受付側の処理能力に不備があった(受付側の過失)ことが
原因なのかが争点となることが予想されています。
                         (つづく)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【今週の一言】 2/1(火)の『てんめい尽語』から
             http://www.ozeki-office.com/blog/

【2月の始まり】
さて、今日から2月です。例年なら(2年ごとに、ですが。)バタ
バタと忙しい日々を送っている時期なのですが、今年は、県と32
市町村の共同運営による電子申請に移行のため入札参加資格申請の
受付時期が4月にずれたためにさほど忙しくはありません。

が、しかし、といっては何なのですが、それなりに仕事は入ってき
ているので、そこそこの忙しさではあります。でも、今年はまだ共
同運営に参加していない市町村や静岡県内の市町村などが従来通り
の受付をしているので、それなりの申請件数は確保できているので
すが、次回以降は、ほとんどが、電子申請に移行し、東京、神奈川
に引き続き、静岡県でも共同運営による一元受付になっていくので
、これまで、短期間で大量の申請をこなし、報酬が確保できるとい
う美味しい業務であった入札参加資格登録申請手続も、ほとんど収
入を得られない事態になっていくことは確実なのです。今月は、そ
のこと(市場の縮小)をひしひしと実感することになると思います

昨夜も市場が急激に縮小しているというクリーニング業界の状況が
ドキュメンタリーで報道されていましたが、時代の変化に飲み込ま
れていく業界も少なくないと思われます。そのことは、我々行政書
士の業界も例外ではありません。

時代の変化に飲み込まれないためには、時代の流れをよく見極め、
変化を予測して戦略をもっていち早く対応することが求められます
。そのためには、従来型の思考から脱却し、自らの意識を改革して
いかなければなりません。そして、そのことは今年の大きな課題な
のです。今年、我々の制度と組織に改革の波を起こせなければ、そ
れは制度全体の衰退につながり、時代の変化に飲み込まれていくこ
とになると考えられます。まさに、今年が正念場なのです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【Ozeki-Letter】            2005.2.4 【第87号】
(引用転載の制限はまったくございません。ただし、本文中第三者
の方からの提供による引用転載部分については、除きます。)

なお、このメルマガのバックナンバーは、下記をご覧ください。
 http://www.ozeki-office.com/mail-magazine/index.html

【発行人】 行政書士法人 小 関 事 務 所
     代表社員 小関典明(小田原支部会員)
     HP URL  http://www.ozeki-office.com/
      e-mail ozeki-n@gyosei.or.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
もし、当方からのメールがご迷惑な場合はお手数ですが、このメー
ルの返信にて【配信中止】の旨をお書きになり送信して頂きますよ
うお願い申し上げます。また、皆さんの周りに購読を希望される方
がおられましたら私宛に『購読希望』のメールをいただけるようお
知らせ頂ければ幸甚に存じます。