************************************************************
mail magazine   Ozeki-Letter    2005. 3.11【第93号】
************************************************************


小田原支部の小関です。
 春の陽気になるにつれて、昨年の30倍から50倍ともいわれる杉花
粉が猛威をふるっているようです。私も今週初めから重症状態で、
目のかゆみと充血、鼻水に悩まされています。2月から薬を飲み始
めていたのですが、このところの花粉の飛散量が多すぎて、薬も効
き目が発揮できないようです。困ったものです。
 花粉症の皆さん、ご自愛下さい。

 ところで、年度末を迎え、いよいよ本会会長選挙の噂が様々に飛
び交っているようです。
 この2年間、時代は大きく変わりつつあり、今後の2年間はさら
に大きな変化が日常的に起こってくることが予想されています。
 時代は着実に“情報化社会”へと進んでおり、21世型の新たな
価値観やそれに基づく社会規範が次々に生まれています。
 残念ながら、神奈川会や日行連の現執行部がこの変化を的確に捉
え、それへの対応をしてきたとは言い難く、“情報化”という点で
は、かなり遅れた組織形態を保持し続けているように見えます。
 特に、2005年度(平成17年度)は、これまでシステム構築や
法的整備を進めてきた“電子政府”が実質的な稼働をし始める年度
であり、行政全体が、電子化に向けて一気に走り出すことになりま
す。つまり、変化が目に見えてくるのです。
 旧態依然とした組織運営、組織構成ではこの変化に対応すること
は出来ません。だからこそ、時代に合わせた“改革”が必要なのだ
と思うのです。“改革”とは、組織構成に関することだけではなく、
個々の会員を含めた組織全体の意識を改革していくことも重要な課
題なのです。
 そのためには、本会ホームページや文書管理システムを通じた情
報の素早い開示とそれに関する説明責任を全うすることによって共
通理解を創り出し、小異を捨てて制度と会、そして個々の会員事務
所の経営を守るために大同団結するという組織風土を創り出すこと
が重要なのだと考えています。
 今回の選挙は、そのための手段とならなければなりません。
 従来型の思考のまま、ただ勝てばよいという選挙にしてはならな
いと思うのです。大切なことは、選挙後に出来る新しい執行部が、
制度と会員事務所経営の維持・発展を図るというビジョンを掲げ、
成果を上げることなのです。
 そのためにも、会員一人一人の皆さんが、特に行政書士業務でき
ちんと事務所経営をしている人が「会には期待していない」とか、
「制度がなくなっても、自分はやっていける」とかの見方を変えて
、「制度を維持・発展させるためには会が必要であり、会を強くす
ることが個々の事務所経営の安定につながる。」ということを理解
され、是非、今回の会長選挙に関心を持ち、候補者の政策をきちん
と見極め、新しい執行部が論功行賞人事によって本会の人的資源で
ある人材を排除するなどという愚行を繰り返すことのないような選
挙にしてほしいと切望しています。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【書籍情報】

      〜新経審Q&A 第7版のご案内〜

 経審の申請実務を取り扱う行政書士必携の書!
『新経審Q&A 第7版』(全国建設関係行政書士協議会編著、建
設通信新聞社刊)が全国の各書店の店頭に並ぶようになりました。
経審に係わる会員の皆さんの座右の書として是非ご活用ください。
ネットでの注文は、
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi?aid
=p-chaken44366&bibid=02524626

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【今週の一言】 3/9(水)の『てんめい尽語』から
             http://www.ozeki-office.com/blog/

【共同運営システム説明会】
昨日(3/8)の “神奈川県入札参加資格認定申請共同運営システム”
の行政書士向け説明会(と言っても、業者向けとほぼ同じ内容だっ
たようですが、、、)は、今作成中の「手引き」の抜粋による資料
説明とシステムソフトのキャプチャー画面を使った操作説明の概略
的なものでした。が、まだ「手引き」や「ソフト」自体が完成して
いないと言うことで、細かいことになると、 3月25日以降に共同運
営システムのサイトから「手引き」をダウンロードして読んでほし
い。と、言うことで、何とも中途半端な説明でした。

少なくとも、説明会の段階ではできあがっていてほしいものです。

昨日の説明での基本的な理解は、県と32市町村の共同運営システム
であり、@県への認定申請は必須であり、「県のみ」は申請可能だ
が、「市町村のみ」の申請は出来ないこと。A認定申請は当分の間
ID/PW方式だが、17年10月1日以降に開始される「電子入札」ではIC
カード方式の電子証明書が必要になること。B今回の4月11日から5
月31日までの受付期間の申請は、オンライン申請ではなくフロッピ
ーにデータを格納し、必要添付書類と共に郵送で申請をすること。
10月 1日以降はオンラインでの申請が可能になること。C今回、申
請に必要なソフトをダウンロードするための仮ID/PWは、1月中に既
存登録業者に発送されている。新規及び紛失の場合は、仮 ID/PWの
申請受領が必要なこと。D確定 ID/PWは、「認定通知書」に書き込
まれた状態で送付され、変更届等は、当該確定 ID/PWを用いてオン
ラインで申請が出来ること。などです。

ただし、仮 ID/PWが必要とは言っているものの、ダウンロードが出
来るのは、データ入力のためのアプリケーションだけであり、これ
まで県によってデータベース化されている業者情報のデータをダウ
ンロードできるという説明はなかったし、また、申請のために入力
したデータはCSVファイルとして保存されるので、一つのアプリ
ケーションを使用して複数のデータの作成、保存が可能なので、行
政書士が代理人として申請する場合は、必ずしも関与申請業者全部
の ID/PWがなくても申請は出来そうな気がしますが、そこいらの点
はできあがった「手引き」を見てみないと何とも解らないというこ
とのようです。

いずれにしても、「手引き」「ソフト」が共に最終の詰めを行って
いるということで、未完成状態なので、3月25日以降に改めて「手
引き」を確認してから対応をしていきたいと思います。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【Ozeki-Letter】            2005. 3.11【第93号】
(引用転載の制限はまったくございません。ただし、本文中第三者
の方からの提供による引用転載部分については、除きます。)

なお、このメルマガのバックナンバーは、下記をご覧ください。
 http://www.ozeki-office.com/mail-magazine/index.html

【発行人】 行政書士法人 小 関 事 務 所
     代表社員 小関典明(小田原支部会員)
     HP URL  http://www.ozeki-office.com/
      e-mail ozeki-n@gyosei.or.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
もし、当方からのメールがご迷惑な場合はお手数ですが、このメー
ルの返信にて【配信中止】の旨をお書きになり送信して頂きますよ
うお願い申し上げます。また、皆さんの周りに購読を希望される方
がおられましたら私宛に『購読希望』のメールをいただけるようお
知らせ頂ければ幸甚に存じます。