************************************************************
mail magazine   Ozeki-Letter    2005. 7. 1【第105号】
************************************************************
 行政書士の小関です。
 私は、このメルマガを書き、平日の毎日blogで『てんめい尽語』
を書いているおかげで、「仕事をしていない」と見られているよう
です。確かに最近では会務にとられる時間が多くなってきたので、
実際、事務所で仕事をすることは減っているのですが、それでも仕
事をしていないわけではありません。
 こう書くと言い訳がましくとられる方もいると思うのですが、私
の仕事は、顧客の接客、電話対応と相談業務、そして事務所スタッ
フの業務への指揮、指導、問題が生じた際の意思決定なので、その
合間を縫うようにして「尽語」を書いたりメルマガを作ったりして
いるわけです。時には、契約書を書いたり、内容証明文書を書いた
りもしていますが。その辺の事情をお察しいただければ幸いです。

今日は部長会です。議題、協議事項が盛りだくさんです。その前に
文書管理システムの説明を行います。頑張りましょう。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【業務情報】                      Vol.5
      〜行政書士の司法制度参入を考える〜
●行政書士の職業倫理
 先週行われた日本行政書士会連合会(日行連)総会での議論にも
ADRに関連してこの問題が取り上げられていました。
 特に宮内会長の答弁の中で、「日弁連副会長から『行政書士は、
各地で弁護士法の違反を繰り返している。なんと職業倫理のない団
体か』とお叱りを頂いた。」という発言がありました。
 また、兵庫会、大阪会、東京会の会員が相次いで「戸籍、住民票
の職務上請求用紙」の不正使用で逮捕され、社会的に職業倫理が問
われている事態となっています。
 「職業倫理」とは、その職業に携わる人々の「使命感」「倫理観
」「正義感」(遵法性)を総称したものであるといえると考えてい
ます。
 我が行政書士業界は、それほど職業倫理が確立されていない業界
なのでしょうか。確かに、職業倫理が確立されているとは言い難い
側面はあると思います。しかし、きちんとした職業倫理をもち、業
務を遂行している行政書士もまた数多くいることも事実だと思いま
す。
 「コンプライアンス」という言葉が社会的になった食肉偽装事件
以来、職業倫理が確立されていない業界に対する社会の見方には厳
しいものがあり、そのことによって企業や業界団体が立ちゆかなく
なる事態は多く発生をしています。
 行政書士が、司法・準司法に参入し、あるいは予防法務の専門家
として、新たな社会システムの中で制度の維持、確立をしていくた
めには、職業倫理の確立は急務であり、一人一人の行政書士が真剣
に考えなければならない問題であることは議論を待ちません。
 この職業倫理の確立は、まず、行政書士としての専門家責任をき
ちんと認識することから始めなくてはなりません。つまり、専門家
として何をなすべきか、何をしてはならないのかという基本的な認
識をこの業界の共通理解としなければならないのだと思うのです。
                           (続く)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【会と制度を考える】        C
         〜行政書士会の組織論〜
◎『凝集性』とは
 前回、魅力ある組織にするためには、マネジメントが不可欠であ
るというようなことを書きました。
 行政書士会という組織は、一般の会員から総会の場で選ばれた会
長、副会長、理事という役員によって構成される執行組織によって
運営されています。
 そして、その運営は、会則や会則施行規則、各種の規則によって
定められたルールに基づいて進められなければなりません。しかし
、これらのルールに基づいて粛々と会務をこなしているだけでは世
の中の動きから取り残されてしまいます。従って、世の中の動きを
見ながらその時々の方向性を見定め、目標を決めて成果を上げてい
かなければならないのです。
 執行組織が達成するべき目標を定め、それを効率的にやり遂げる
ためには、メンバーが互いに好意を持ち合い、信頼関係を醸成して
いくことが求められます。この“互いが互いを引き合う程度”のこ
とを『凝集性』(ぎょうしゅうせい)といいます。
 『凝集性』とは、集団の中にいる人たちが、互いに魅力を感じて
いる程度です。この程度が高いほど、仲間意識が強くなり、一致団
結して行動するようになります。従って、よい仕事が出来るように
なり、モラールが高くなるとされています。しかし、凝集性が高く
なりすぎると逆に、仲間を決まりで縛り付けるようになり、異論を
唱えたり、反対意見を言いにくくするといった弊害が起こるように
なります。この凝集性のバランスを常に気にしながらマネジメント
をしていく必要があります。
 行政書士は、一人一人が経営者であるので、信念を持った人が多
いと思われ、それだけにこの凝集性とは反りが合わない人も当然に
出てきます。そのときに重要な鍵となるのが情報の共有であり、共
通理解の拡大なのです。
 リーダーは、この共通理解を拡げながら、どのようにして一致団
結して活動をまとめるか、しかし、他方で、どのように個々人の主
体的ともいえる意図関心を大切にするかという二つの、必ずしも両
立するとは限らない関係を上手に舵取り出来なければなりません。
                         (つづく)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【今週の一言】6/27(月)の『てんめい尽語』から
             http://www.ozeki-office.com/blog/
★あれやこれや★
先週木、金で行われた日行連総会が終わり、私は礒田会長と共に全
国49人の理事の一人となりました。これからさらなる激変期に突
入していく中で、行政書士制度を守り、新たな社会システムに対応
していかなければならない時期に理事の重責を担うことに身の引き
締まる思いです。

日行連執行部の役割分担はこれからですが、どの部署に就こうとも
、精一杯頑張る所存です。

金曜日の総会後、さいたま新都心のラフレ埼玉で行われていた全国
建行協関東部会研修会に参加をしてきました。関東地方整備局の課
長補佐さんと係長さんが来て、「中建審入札契約制度検討委員会」
の話と、「建設業再生支援プログラム」の話を聴きました。

検討委員会の話は、まだ方向性が固まっておらず、具体的な検討に
入っていないとのことで、提案されている検討項目の説明にとどま
ってしまいましたが、支援プログラムについては、すでに制度化さ
れ具体的に動いている話なので、いろいろ興味深い情報がありまし
た。しかし、PR不足というか説明不足であったためか、実際に支援
プログラムを使っている事例がわずかで、もう少しやり方がありそ
うな気がしました。

土曜日午前中には、日行連総会に出席された八田会長他鹿児島会の
皆さんが私の事務所の見学に見えられ、LANシステムやグループ
ウェアー、受託事件管理システムなどを見て行かれました。昼をご
一緒させていただき、また、息子と共に楽しい時間を過ごさせてい
ただきました。本当に有り難うございました。しかし、このところ
の疲れが溜まってしまい、その夜の商工会議所青年部OB会の集まり
は欠席してしまいました。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【Ozeki-Letter】            2005. 7. 1【第105号】
(引用転載の制限はまったくございません。ただし、本文中第三者
の方からの提供による引用転載部分については、除きます。)

なお、このメルマガのバックナンバーは、下記をご覧ください。
 http://www.ozeki-office.com/mail-magazine/index.html

【発行人】 行政書士法人 小 関 事 務 所
     代表社員 小関典明(小田原支部会員)
     HP URL  http://www.ozeki-office.com/
      e-mail ozeki-n@gyosei.or.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆