************************************************************
mail magazine   Ozeki-Letter    2005. 7. 8【第106号】
************************************************************
 行政書士の小関です。
 今週は、会務と顧客周りでほとんど事務所にいる時間がなく、こ
の 106号の編集をしている時間がなく、結局、発行日である今日の
午前中に編集作業を行うことになってしまいました。
 夜、少しずつ書いていこうとは思ったのですが、今週は、文書管
理システムの管理者としての作業をしなければならず、残念ながら
編集作業をしている時間はとれませんでした。
 なので、午前9時の定時発行をすることが出来ませんでした。ご
理解を頂きますようお願いいたします。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【業務情報】                      Vol.6
      〜行政書士の司法制度参入を考える〜
●行政書士の契約代理について
 これまで、行政書士の司法・準司法制度への参入の前提となる『
専門性』や『倫理』について議論をしてきました。
 これらの議論をするときに常々感じていたことなのですが、行政
書士会の中で『平成15年の行政書士法の改正によって獲得した「契
約書等の書類を代理人として作成すること(法第1条の3第2項)」
のいわゆる契約代理業務を行政書士の業務として確立すること』に
対する議論がなぜこれほど起きてこないのか。ということなのです
。契約代理は、申請手続代理とは違い、純粋な民民間の代理であり
、双方代理が禁止され、当事者の一方の代理人として活動をし、そ
の活動によって生ずる法律効果は本人に帰属することとなります。
 この契約代理が行政書士の法定業務として位置づけられているの
です。この業務を広く全国の行政書士が業務として確立できる環境
を整備することこそが司法・準司法への参入を可能にする近道であ
ると考えています。
 契約代理業務は、長い間我が国では弁護士の独占業務とされてき
ました。行政書士は、当事者が合意をした内容で契約書を作成する
ことしかできなかったわけですが、『代理人として作成する』とい
う法文の意図は、行政書士が当事者の一方の代理人として契約内容
等について相手方と交渉をし、条文を作成することを期待している
ものであり、その意味では弁護士と同等の活動が出来ることとなり
ます。つまり、極論かもしれませんが、その範囲において『法的判
断能力』が認められたということも出来るのではないかと考えるわ
けです。
 このように考えると、このことは、行政書士業務と制度にとって
画期的な変化をもたらすものであると考えています。
 今後、事後救済社会に移行していく中で契約代理をはじめとする
『予防法務』を扱う専門家へのニーズは確実に高まるものと思われ
ます。ニーズが高まればその分野には確実に市場が生まれ、拡大し
ていくということなのです。行政書士が、新たな社会制度の中で生
き残り、さらに発展していくためには、この市場を獲得することが
重要であると考えます。
                           (続く)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【会と制度を考える】        D
         〜行政書士会の組織論〜
◎『リーダーの役割』とは
 目標を立て、組織化し、計画し、統制し、動機付けをし、評価を
する。それらすべてに責任を負っているのが、組織のトップであり
、リーダー(会長)です。
 会長は、常に不確実な未来予測と不十分な経営資源の中での意思
決定を迫られます。また、外部に向かっては組織の顔となり、内部
に向けては信頼を構築し、人を動かさなくてはなりません。
 トップマネジメントを行うということは、平凡な集団を非凡な仕
事をする集団に生まれ変わらせるということでもあります。
 組織トップである会長に求められることは、このトップマネジメ
ントの実践に他なりません。つまり、組織内で活動するすべての人
々の信頼関係を構築できる組織風土を生み出し、それらの人々のモ
チベーションを高めることに心を砕かなければなりません。
 そのためには、目標を明確にし、その方向性を示すことが重要で
す。そのことから前回説明をした「凝集性」を高めることにつなげ
ていく必要があります。
 組織が大きくなればなるほど“仲良しクラブ”的な組織活動では
まとまりを保つことが出来なくなってきます。組織内の信頼関係を
醸成し、その信頼関係の高まりによって生まれる仲の良さをコント
ロールし、仕事の出来る集団となるような何かを考えなければなり
ません。それがリーダーシップであり、仕事の方向性を与えるとい
うリーダーとしての最も重要な仕事なのだと考えています。
 ただし、いかに会長とは言え、一人で何もかも考え、リーダーシ
ップを発揮することは出来ません。その会長のリーダシップをサポ
ートする様々な機能が必要になります。
 その機能の一番上位に位置するのが、会長を補佐する副会長とい
うことになります。副会長は、会長のトップマネジメントを実践す
るマネージャーであり、会長の意図を具現化するという意味におい
て会長と一心同体的な関係にあります。
                         (つづく)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【今週の一言】7/6(水)の『てんめい尽語』から
             http://www.ozeki-office.com/blog/
★CALS/ECインストラクター★

昨日、今月末の土、日に行われるCALS/ECインストラクター(RCI)
試験のテキストが送られてきました。この資格制度は、(財)日本
建設情報総合センター(JACIC)と(社)建設コンサルタンツ協会
(建コン協)が毎年実施しているもので、国土交通省が進めている
建設CALS/EC を普及させるためのインストラクターを認定する制度
です。

今回、この資格を取ろうと思い立ったのは、神奈川県もいよいよ今
年10月から電子入札を導入する予定となっており、神奈川県版CALS
/EC が動いているので、当事務所としてもこれに対応し、クライア
ントである建設業者の皆さんを支援する体制づくりが必要だと考え
たからなのです。

この試験に先立ち、今月第3土曜日に全国各地の電子納品に関わっ
ているソフトハウスの営業担当者に来てもらい、当事務所のスタッ
フ研修を行います。まぁ、これが試験準備になるのかどうかはわか
りませんが、、 私自身CALS/ECについては自分なりにかなり理解し
ているつもりなのですが、試験となると一般的な理解が求められる
ので、これまでの考え方に固執しないでいろいろ聞いてみようと思
っています。

これからの行政書士業務にとって電子化、情報化への対応は避けて
通れないことは明白です。それ以上に建設業界をはじめとする産業
界や消費者の皆さんのための電子代理人としての地位を獲得し、そ
れらの人々がデジタルデバイドに陥らないための支援者とならなけ
ればなりません。そのために日々努力をしてスキルアップを図って
いかなければならないと思います。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【Ozeki-Letter】            2005. 7. 8【第106号】
(引用転載の制限はまったくございません。ただし、本文中第三者
の方からの提供による引用転載部分については、除きます。)

なお、このメルマガのバックナンバーは、下記をご覧ください。
 http://www.ozeki-office.com/mail-magazine/index.html

【発行人】 行政書士法人 小 関 事 務 所
     代表社員 小関典明(小田原支部会員)
     HP URL  http://www.ozeki-office.com/
      e-mail ozeki-n@gyosei.or.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆