************************************************************
mail magazine   Ozeki-Letter    2005.10. 7【第117号】
************************************************************

 行政書士の小関です。

 早いもので、もう10月です。なんだかとっとと時間が過ぎてい
くので、忙しさにかまけているとあっという間に時間がたってしま
います。

 今週は、久しぶりに月曜から金曜まで書士会、日行連の会務スケ
ジュールがないので、事務所で溜まった仕事と文書管理システムの
管理者としての仕事に勤しんでいます。が、来週は、連休明けの火
曜日が書士会総務部会、水曜日が書士会情報化推進グループの「会
務システム検収作業」、木曜日が日行連「規制改革・民間開放推進
委員会」ということで、事務所にいられるのが金曜日の一日だけで
す。今月、来月のスケジュールがどんどん埋まっていきます(汗)。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【情報・知識】
       〜「構造改革」と行政書士〜

       −経済・社会政策のゆくえ−

 「構造改革なくして景気回復なし。」を標榜して始められた改革
は、行政改革、大幅な規制改革、官業の民間開放をはじめ、社会の
様々な分野で進められようとしています。そのことは、私行政書士
にとっても大きな影響を生ずるもので、いやでも関心を持たざるを
得ません。そこで、この「構造改革」の中身を正確に理解し、戦略
的に対応していくために読者の皆さんとともに考えてみたいと思い
ます。

1.今日の経済・社会政策の潮流

 今日の経済・社会政策の潮流を理解するために、まずは、現在起
きている事象をとらえるのではなく、今進められている「改革」の
理念を理解する必要があると考えますので、しばらくお付き合いを
頂きたいと思います。
 今政府が進めている「改革」は、竹中平蔵氏を中心とする“新古
典派経済学”者が提言してきたもので、それを経済財政諮問会議が
“骨太の方針”としてまとめ、「工程表」を示して具体的なスケジ
ュールに基づいて進められています。
 従って、“新古典派経済学”とは何かを理解しなければなりませ
ん。

 19世紀の資本主義、ことにイギリスでは、いわゆる“剥き出し
の資本主義”といわれ、貧富の格差、労働者への過酷な搾取、公害
など多くの問題を惹き起こし、何よりも激しい景気変動にさらされ
ました。1929年には世界大恐慌が起き、慢性的大量失業の発生
が重大な政治課題となり、自由放任主義に立つ資本主義的市場経済
は行き詰まり破綻しました。
 ここから新たな経済学として登場したのがJ.M.ケインズを始祖と
するケインズ経済学派で、「政府が企業活動を規制し、総需要を調
節することにより、景気変動を押さえ、労働政策や福祉政策を進め
よう」という“完全雇用政策”の提言でした。そして、大きな政府
、福祉国家、ケインズ的経済政策という組み合わせが戦後の先進国
の流れとなってきました。
 しかし、1970年代にはいるとこの組み合わせが徐々にうまく
行かなくなり、オイルショックによって不況時に政府支出を増やし
ても景気が良くならず、物価だけが上がるというスタグフレーショ
ンということが起こりました。これにケインズ経済学派のエコノミ
ストや政策担当者が有効に対応できずにいるなかで、ケインズ経済
学批判派として華々しく台頭してきたのが新古典派経済学であり、
それを理論的裏付けとした“新保守主義”(ネオ・コン)という勢
力であるとされています。
 この新古典派は、政府支出を抑えて物価を沈静化するとし、企業
活動に関わる規制を撤廃するとともに法人税を減税することによっ
て労働意欲を高め、スタグフレーションを脱すると主張し、同時に
福祉を切り捨て、労働条件などを切り下げる“改革”を進めた。と
されています。
                         (つづく)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【今週の一言】9/28(水)の『てんめい尽語』から
             http://www.ozeki-office.com/blog/

★ルーティンワーク★

昨日は、11月4日に予定されている神奈川県行政書士会の“中間監
査”を文書管理システムを使ってやるということになり、そのため
に、監事さん2名のID/PWを設定し、これまでシステム内に蓄
積されている執行組織のデジタル文書を統べてみられるよう300
以上ある文書種別(文書をカテゴリー毎に保管するためのフォルダ
ー設定のこと)の一つ一つの閲覧設定に監事グループを加えるとい
うルーティンワークに勤しみました。

午後2時から作業を始め、ユーザー登録→オフィシャルグループの
設定→やり残していた文書種別の設定などを行い、4時から監事グ
ループの閲覧設定の作業に入り、6時半まで黙々と作業を続けたの
ですが、まだ半分しかできていません。一つ一つの作業は簡単なも
のなのですが、何しろ数が半端ではないため、費やす時間も半端で
はありません。疲れました。

残りは、先月選任してもらった管理者補佐(山口企画開発副部長さ
ん)にメールでやり方を説明してお願いをしようと思います。
※ 管理者補佐の山口さんにはすぐに対応していただきました。感
 謝です。

文書管理システムについては、「使い方が難しい」とか「使い勝手
が悪い」とかの批判を頂くことがありますが、それは、これまで、
ほとんどルールなしで走ってしまったことが原因であると考えてい
ます。今年度中に、きちんとしたルール作りを進め、会員の皆さん
が有効に、また、迅速に情報を得られるツールとして活用できるよ
う頑張りますので、ご協力、ご理解を頂きますようお願いいたしま
す。(筆者追加)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【Ozeki-Letter】            2005.10. 7【第117号】
(引用転載の制限はまったくございません。ただし、本文中第三者
の方からの提供による引用転載部分については、除きます。)

なお、このメルマガのバックナンバーは、下記をご覧ください。
 http://www.ozeki-office.com/mail-magazine/index.html

【発行人】 行政書士法人 小 関 事 務 所
     代表社員 小関典明(小田原支部会員)
     HP URL  http://www.ozeki-office.com/
      e-mail ozeki-n@gyosei.or.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 このOzeki-Letterは、「行政書士の意識改革」をテーマに業務情
報や行政書士会と行政書士制度に関する情報、法令改正等の情報を
適宜まとめて毎週金曜日に発信しています。

   購読は無料です。お手続き(講読申込・解除)は、
   ozeki-n@gyosei.or.jpへのメールにてお願いします。