2008.01.22

あれこれ雑感

今日は晴れていますが、昨日できた水たまりが凍っていました。路面も凍結しているところがあり、寒い朝です。

今朝は、これから小田原市勤労者共済会の方が来期からの理事就任要請に来られるそうです。これまで女房殿が監査を務めてきたのですが、だいぶ年数がたったので、退任したいと申し出ていたのでその代わりに私に理事就任を要請したいとのことのようなので、打診があったときにお断りするのも悪いので「吝かではない。」と答えておいたのですが、いよいよ本格的な内定になるようです。総会が5月なのでまだ決定ではありませんが、今年は市長選もあり、地域に貢献する良い機会だと思っています。

その面談が終わったら小田原駅まで歩いて、午後からの登録委員会のため渋谷の日行連行きです。今日から3日、日行連通いです。

ところで、このところ“いい大人の破廉恥な犯罪”が目立っているように感じています。昨日も東京福祉大学の総長が職員に対する強制猥褻で逮捕されたというニュースが何度も流れました。ついにここまで・・・という感がします。なぜここまで日本社会の規範がゆるみモラルが低下しているのかを真剣に考えなければならないと思っています。

富の集積が激しさを増し、貧富の格差が拡大し、もてる者がもたない者を支配しようとする現れのようにも見えなくはありません。小泉改革以来、日本は景況だといわれてきました。しかし、それは、リストラや非正規雇用の拡大によるコストカットや供給サイド優遇の税制によって一部大企業や輸出関連企業が儲けただけの話で、労働者の賃金は抑えられ、ワーキング・プアといわれる人々を生み出し、社会全体としては未だ不況感が強いのが実際です。その中で原油高による物価高が続き、まさにスタグフレーションに陥っています。

にもかかわらず、政府は未だに企業優遇税制をやめようとはせず、ケインズ的な所得の再配分政策を否定し続けています。これでは格差が開く一方です。昨日からの国会論戦でも“国民”という言葉を使いながら真に国民の側を向いているのか、いないのかよく解らない発言が多く、あまり期待は持てません。なんとかして欲しいと思う今日この頃です。

■関連する記事:


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

Trackback URL

Comment & Trackback

小関さん、相変わらず精力的な活動、誠にご苦労様です。
>あまり期待は持てません。
全くですね。与党の言うことに反発や暴動が起こらないということは、もう既に日本は手遅れ状態ともいえます。与党は延命のための方策のみに走ってますしね。野党も野党ですが、、、
そんな中にあって、(暮れに見れなかった紅白をDVDでみてますが、)マキハラノリユキのグリーンデイに感動し唯一の光を見たような気がしております。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">