2008.05.30

クオリティの高い情報発信を

今日は、午前10時30分から新橋の浜離宮建設プラザで行われる全国建行協正副代表会議に“特別代表”(組織上の役名ではないのですが)の私にも招集がかかり、出席しなければならないこととなったので、6時起きでこれを書いています。

今朝は、曇。昨日から明日午前中まで続くはずだった雨は、昨日夕方には止んでしまい、今日は一日曇の予報に変わっています。今夜から明日はまた雨になるらしい。

昨日、気になって各士業団体のホームページを覗いてみました。たまに見ているのですが、気になったのは、私たち日行連のHPを見ていてどうも内向きの情報ばかりできちんとした情報発信がなされていないことです。

これは、ずっと以前から理事会などでも発言してきましたが、日弁連や日司連のHPにあるような会長声明、統一見解、政策意見などの内外に対する情報発信が必要なのだと考えています。

日本弁護士連合会会長声明集

日本司法書士会連合会会長声明集

行政書士制度を取り巻く環境が様々に変化し、また関係する社会事象が起こったときに時を経ずして組織としてのきちんとした意見を表明することは社会からの信用を得るためには重要なことだと思うのです。

もちろん、会長声明や統一見解を出すには、組織内での検討が行われ、何らかの組織決定が必要なことはいうまでもありません。もはや会員向けのパフォーマンスや行政、政治家とのネゴシエーションといった内向きの組織運営だけでは立ちゆかない時代です。質の良い情報を発信してこそ社会の信任を得られるのであり、制度と会の維持繁栄に繋がるものと確信しています。

是非、来月の日行連総会以降、難しい問題が山積しているとは思いますが、来年度の日行連がクオリティーの高い情報を発信出来る組織になるよう期待をするとともに私も微力を尽くしたいと思っています。


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>