Home > 6月, 2008

2008.06.30

建行協関東部会セミナー

今朝は雨です。予報では曇時々晴だったのですがねぇ。

今日で6月も終わり、明日から7月。早いもので08年もあと半年です。どんどん時間が過ぎていきます。

先週金曜日の全国建行協関東部会セミナーでは、第一部で経審受審業者約18万社の公開データを10年に亘ってデータベース化して様々な切り口から分析し情報提供をしている元NECのSEだったというコンサルさんから新経審の傾向についての話を聴きました。18万社の10年分のデータベースを構築しているというのはすごいことで、そのデータを使って新経審での再計算を行って、様々な分析をしていることに驚きました。我々実務家にとっては、貴重な情報を沢山もらいました。

第二部では、建築紛争で請負業者側にたって奮闘している弁護士さんから実際の裁判事例や判例の傾向を聴き、「建築トラブル予防に役立つ行政書士の役割」と言うことで、行政書士が出来る文書作成によって紛争を未然に防ぐ「予防法務」についての話を聴きました。こちらも、施主との打合せの中で出てくる要望事項を丁寧に記録し、施工中の変更事項を確認し、きちんと施主の要望に応え、紛争予防に役立つための文書整備の必要性など行政書士として出来ることの提案をいただき、考えさせられました。

セミナー終了後は、場所を近くのレストランに変えて、二人の講師講師を交えて情報相互作用の場である懇親会となり、有意義で楽しい時間を過ごしてきました。

今週は、3日木曜日に国交省建設業課との協議・建設農地専門委員会です。今のところスケジュールはそれだけなので、自分なりの懸案である犯罪収益移転防止法による「本人確認ハンドブック」の原案づくりを進めたいと思います。

住宅・建築・リフォーム業のクレーム対処法―Q&Aと事例でよくわかる!
水津 正臣
建通新聞社
売り上げランキング: 137640

2008.06.27

そろそろセーブしなければ・・・

今日は曇。

昨日の法人法務部会は、会長も出席し、犯罪収益移転防止法への取り組みについて私が持って行った資料を配付し協議をしました。日行連が作るハンドブックに基づいて神奈川会としても独自に配付資料を作成することとなりました。

部会終了後は、久しぶりに高田屋に行き一献やってきましたが、高田屋山下町店の顔なじみの従業員が誰もおらず、まるで一見の客のようで居心地はあまりよくありませんでした。が、神奈川会の皆さんと飲むのは久しぶりで話が弾み、少々飲み過ぎてしまいました。今朝はまだアルコールの処理が終わらず自分でも酒臭い感じです。

今日は、午前中横浜へ行き、経審の再審査申請、建築士事務所登録申請、建退共の証明取りの仕事をして、午後1時からは新橋浜離宮建設プラザでの建行協関東部会に出席です。関東部会終了後は、懇親会が予定されているので、気の置けない仲間に囲まれてまたまた飲んでしまいそうです。

そろそろ肝機能の数値が気になり始めたので、セーブしなければいけないとは思うのですが、飲み始めると止まらないという癖をなんとかしなければなりませんねぇ。一昨年ダイエットに成功したときのように酒断ちをするのが一番よいのですが、なかなかそこまでの意思は固まらず、最近はウォーキングもさぼりがちで悪循環に陥っている状況です。ダメですねぇ(汗)。

ということで、今朝は8時34分鴨宮発で出なければならないので、これから出掛ける準備です。

2008.06.26

コピー機入れ替え

今日は朝から雨。梅雨寒です。なので、長袖ワイシャツにスーツです。

今日は、午前9時から1階と2階のコピー機の入れ替えです。2階のコピー機のリースが今年秋で終わるので、ついでに1階で使っているイマジオもリース期間が3年以上たっていたので入れ替えることにしました。

2階のコピー機はフル装備で大型、しかも分離が出来ないタイプなので、階段からの出し入れは出来ないので、となりの中古車屋さん(現在は休業中)の敷地から2階につり上げなくてなりません。雨の中大変な作業になりそうですが、事務機屋さんの営業と運送屋さんにお任せです。

そんなタイミングで事務所のネットサーバーとして使っていたDELLコンピュータがダウンしてしまい、事務所内のイントラネットが使用不可になってしまいました。データーサーバーの方ではなかったのでよかったですが、もし、データサーバーの方だった業務が止まってしまうので、それを思うとぞっとします。

今は、コピーもLANに入り、複合機としてプリンター、FAX、スキャナーの機能がついて、FAX受信したものの画像や、スキャニングした画像を各人のPCに取り込んで、利用できるので便利ですが、それぞれが形を変えたコンピュータなので、非常に繊細で長期間安定的に使うことが難しいので一定期間が過ぎたら入れ替えが必要になります。

その都度、リースの組み替えとなり性能は上がってリース料は少しずつ安くなるのですが、事務所を続けている限りリース料とは縁が切れません。まぁ、業務を処理し利益を画するための投資ですからしかたがありません。

今日は、午後2時からの神奈川会の法人法務部会に出席のため、昼前に小田原を出て横浜行きです。出掛けるまでに雨が止んでくれればよいのですが、予報ではそうも行かないようです。

2008.06.25

ユニークな事務所名称

今日は、またどんよりとした曇り。日中晴れ間も出るという予報ですが、どうでしょう。

昨日の登録小委員会の登録審査は、112件(事前審査を併せると120件くらい)でした。5時過ぎまでみっちりかかってしまったので、さすが疲れましたです。登録審査というのは、基本的には書面審査なのですが、内容によっては、かなりつっこんだ判断を要するものもあり、一件の審査にそれなりの時間がかかるのです。

前にも書いたことがありますが、毎回数は少ないのですが、ユニークな事務所名称を付けたがる申請者がいます。守秘義務があるので、具体的にはかけませんが、ローマ字(例えばABC行政書士事務所)、「事務所」を入れないで「○○行政書士」だけの事務所名称、その他「東アジア」、「全日本」といった大きなイメージのもの等々ですが、日行連の「事務所名称に関する指針」には、基本的に「行政書士」の文字が入っていることが望ましいとしているだけで、それほどの制限があるわけではないので、価値観が多様化している時代ですからしかたがないのかもしれませんが、私個人としては、出来ることならば、社会的な認知(認識)を得るためにも改正前の施行規則のときの「行政書士○○事務所」で統一して欲しいなぁ、、、と思っています。あくまで個人的意見ですが。。。

これを書いているうちに、クライアント会社からの連絡で、競争入札で落札した建設業者が依頼した行政書士のうっかりミスで経審を出し忘れ、1年7ヶ月条項によって無効になってしまったとのこと。1千5万円以上の落札価格だったので、損害賠償を請求される行政書士は大変なことになるのかもしれません。当事務所としても対岸の火事ではなく、身を引き締めていかなければならないと改めて思った次第です。

今日は、今週の一日事務所にいられる二日のうちの貴重な一日なので、出版原稿の校正や、犯罪収益移転防止法による「本人確認」ハンドブックの作成プランのつめなどにまじめに取り組みたいと思います。

2008.06.24

有効な食糧政策を

今日は、昨日とうってかわって梅雨の中休みの晴です。ギンギンの夏の青空です。暑くなりそうな予感のする朝です。

昨夜のTVタックルで、“食糧危機”の問題をやっていましたが、世界的な食糧危機が進行する中で、日本の“買い負け”が起き始め、徐々に食料輸入が厳しくなっている状況が報告され、さらには、このまま世界人口が増加し、魚貝の乱獲を放置していると2048年には、世界中の海から魚がいなくなるという報告もありました。恐ろしい話です。

ところが、割り当てとはいえ、主食の米すら輸入しなければならい状況で、自給率が39%というこの国の農業政策は、未だに減反を求め、農業従事者の平均年齢が65歳で、跡継ぎがおらず、耕作放棄地が増えている状況で、このままではあと5年で農家が激減してしまうというまさに“パラダイムかタフトロフィー”(崖っぷち)の状況であるにもかかわらず、有効な政策を作れないでいます。

漁業は、といえば、昨今の原油高を受けて漁業者の困窮が続き、乱獲か温暖化が原因かはわかりませんが、漁獲量が激減し、中国、ロシヤ、アメリカなどに買い負けして輸入すら困難な状況になっているにもかかわらず、何の手も打てないどころか、他国に気を遣う有様です。

このままでは、確実に私たちが口にしている様々な食糧が近い将来なくなり、国民が飢えに苦しむ事態がやってきそうです。自給率を上げるために今何をしなければならないのかを国民一人ひとりが真剣に考えなければならない時代に入ったようです。

私は、“地産地消”という考え方に賛同したいと思ってはいるのですが、現実に国内産の生鮮食品や加工食品の原料だけで暮らしていくことは不可能な状態で、地産地消といってもなかなか難しいのではないかと感じています。まずは、減反政策を見直し、食糧増産を現実にするために、農家経営の安定化を図り、株式会社の参入による大規模経営をどう育てるかを考えるべきではないかと思っています。

法的には、農地法などの農業政策基本となる法令が多々ありますが、農地を都市化のために活用して行く時代は、人口減少を目前にして既に終わり、逆に農地を確保して食糧増産に向けるために農地に関する規制をさらに強め、虫食い的になってしまった集団的農地を復活させるための法改正が必要なのではないかと思うのです。

今日は、これから登録委員会に出席のため、渋谷の日行連行きです。

2008.06.23

実に楽しい旅行でした。

今日は、まさに梅雨真っ只中といった天気で、雨が強く降ったり、細かな雨になったりで、今は止んでいるようです。

先週の日行連総会は無事に終わり、その後の佐渡島旅行は、地元佐渡の友人(同業者)の案内で、新潟の親しい友人(同業者)、そして、日政連大会に出席した後、無謀にもその日の宿も決めずに島へ渡ってきた神奈川の3人の仲間も途中で拾って加わったので、都合6人となり、実に楽しい旅行でした。

何しろ一日目は、普通では行かないような山の中の“とき順化施設”(自然の中に放すための準備をしている施設)の観察棟に昇って、朱鷺の自然な姿を観たり、砂金採りを体験したりして、逸見酒造という地元の酒蔵で試飲をしながらその夜の酒を買い、日本海に沈む夕日を見たりしたあと、「民宿たきもと」さんでサザエの刺身、天然の鯛や地のマグロ、アワビやその日は希少価値のあったイカそーめんといったごちそうを肴に、逸見酒造さんで買った“真稜”(しんりょう)という美味しいお酒をたらふく飲んで盛り上がりました。

二日目の朝は、すばらしい青空となり、佐賀の友人夫妻も加わり、8人となって、佐渡金山へ行き、相川というところで人間国宝お二人の焼き物を見学し、地元のお寿司屋さんで、“佐渡ずし”という地魚寿司に舌鼓を打ち、北側の海岸線をゆっくりドライブを楽しみ、綺麗な景色と奇岩・怪岩の数々を眺めてきました。午後は少し曇りましたが、概ね天気には恵まれ、楽しい時間を過ごしてきました。

両津港で、佐渡の友人、もう一泊する佐賀の友人夫妻と別れ、午後3時30分のジェットホイルで新潟に戻り、7時18分の新幹線に乗るまでの間、新潟駅構内の日本海庄屋でまたまた一献、さらに新幹線の中でも引き続き楽しい時間を過ごして帰ってきました。が、存分に楽しんだせいか、それほどの疲れはなく、夜11時に帰宅です。

新潟と佐渡の友人・仲間の二人には、本当にお世話になり、心から感謝です。お二人とは、小田原へ来てもらう約束をしたので、そのときには、心を込めて歓待をしたいと思います。お二人さん、お待ちしてますよ~(笑)。

昨日日曜日は、日中は留守中に録り溜めてあったTVドラマをゆっくり観ながら骨休めが出来たのですが、夕方には、当事務所のクライアントさんの御母堂の通夜が催されたので、大雨の中参列をしてきました。

今週は、明日火曜日が登録委員会で日行連。木曜日が神奈川会法人法務部会で横浜へ。金曜日には、全国建行協関東部会で新橋の浜離宮建設プラザへお出かけです。なので、事務所に一日いるのは、今日と明後日の二日間です。

2008.06.20

少々飲み疲れです。

今日の新潟は晴れ間あるものの曇。昨日は少し雨がぱらつきましたが、今日は大丈夫そうです。

昨日の総会第一日目は、極めてスムーズに進行し、時間も予定どおりでした。とはいっても、少し早めに進行したので、4号、5号議案の再質問の途中までで休会となりました。

今日は、その再質問の残りの人の発言からです。本来なら、昨日は再質問者を確定するまでで終わる予定であったのですが、途中で「動議」が出されるという噂があり、それに対応するために時間的余裕が必要であると判断をして午後5時まで出来る限り再質問をしてもらうこととしたのですが、結局「動議」は提出されず、噂だけで終わってしまったので、少し予定より早めの進行ですが、タイムキーパーとしてはうまくいっていると思います。

昨夜の懇親会ではあまり飲まないようにとは思っていたのですが、私の酒好きは有名らしく、いきなり冷酒から始まってしまい、その後も沢山の酒をいただき、あげく、自分の部屋に神奈川会の仲間を引き入れて話をしながら、またまた飲んでしまったので、相当量をまたまた飲んでしまいました。反省です。

とはいえ、今日は、総会終了後に佐渡島に渡り、今晩は佐渡の民宿で美味しい魚を肴にまたまた一献なので、この新潟で肝臓にはかなりの負担をかけてしまいそうです。さすが“酒どころの新潟”です。

さて、そろそろ朝ご飯を食べに行かなければならないので、このへんで終わりです。今日は、9時から10時までの予定で総会が再開されますが、予定どおりにスムーズな進行を確保するためにタイムキーパーの役割をきちんと果たしたいと思います。

2008.06.19

今日は総会本番

今朝の新潟は曇。予報では雨マークだったので、これから降り出すかもしれません。

昨日の議事運営委員会、そして常任理事会との合同会議は、総会運営に関するすりあわせを行い、動議の取扱などについて確認を行いました。

会議の後、新潟の友人から連絡が入り、美味しい店を予約したということで、何人かをお誘いして出掛けてきました。今日があるので、あまり飲まないようにとは思っていたのですが、飲み始めたら例によって泊まらず、二次会にまで行ってしこたま飲んでしまいました。

朝起きたらまだ酒がのっこっており、財布の中身がほとんどなくなっていることにびっくり。またぞろ、二次会で驕ってしまったらしいですねぇ(笑)。領収書がばっちり入っていましたです(汗)。記憶が飛んでいますです。

今日は、これから10時に総務大臣、日行連会長表彰の表彰式が行われ、その後10時30分から総会に入ります。昨日の会議でも時計係として、きっちり1分を取ると宣言をしたので、気の抜けない一日になりそうです。

予定された時間を守って、スムーズな進行を確保するためにも執行部の答弁は、簡潔かつ的を外さず、明瞭に行っていただきたいものです。

今はもう酒は抜け、二日酔いにはなっていません。きちんと役割が果たせるよう頑張りたいと思います。明日もあるので、今晩の懇親会はほどほどにしたいと思っていますが、どうなりますやらかも、、、です。

では、そろそろ着替えて仕度にかからなければならないので、ここまでです。総会の様子などは、明日の朝、書いてみたいと思います。

2008.06.18

これから新潟へ移動

今朝も曇。乳白色の空です。朝が早いので、まだわかりませんが、日中は晴れの予報です。

今日は、午前8時34分鴨宮発の電車で新潟まで移動です。東京で上越新幹線に乗り換え、12時21分着です。今日の議事運営委員会の会場となるホテル日航新潟(総会は棟続きの朱鷺メッセ)は、駅から少し離れているので、タクシーです。

移動時間は結構ありますが、先日書いた「場のマネジメント」の新版、「場の理論とマネジメント」を入手したので、じっくり読みながら行きたいと思います。

ホテル日航新潟には今日・明日の2泊、明後日は佐渡島の民宿に1泊です。都合3泊4日ですが、あまり飲み過ぎないように注意しなければなりません。

新潟へは、何度も行っているのですが、総会会場の朱鷺メッセでは、平成16年に全国建行協の新潟フォーラムをやったので、それ以来の新潟です。何となく懐かしい気がします。

今日は、議事運営委員会が3時までで、その後5時までは常任理事会との合同会議の予定です。終了後の予定は特段ありませんが、二日酔いで時計係をやるわけにはいかないので、食事を摂って早めに部屋で休みたいと思います。

総会は、明日午前10時の総務大臣、日行連会長表彰式の後に開始です。

確か、ホテルには無線LANの設備があるので、PCは持って行きます。なので、新潟からも総会の様子など、尽語を書きたいと思います。

では、行ってきます。

2008.06.17

私は『時計係』

今朝は日差しはあるものの乳白色の空です。しかも朝からもわ~っと蒸し暑い天気です。さすがに汗だくになってしまうと思い徒歩通勤はあきらめました。そろそろ着替えをもって歩かなければならない季節になってきました。

明日からの新潟は涼しいとよいのですがねぇ。

先週金曜日に行われた議事運営委員会で役割分担が決まり、私は時計係ということになってしまいました。予鈴係となった北海道の方とコンビで一番忙しい役回りなので、今回の総会は、結構疲れそうです(汗)。

総会での質問は、148件に上ります。昨年よりは少ないのですが、それなりの数なので、時間の割り振りはきちんとしておかないと議事に混乱をきたす虞があるので、タイムキープの役割は重要です。頑張りましょう。

問題は、質問に対する回答です。規則で質問書の提出期限が総会開催日の7日前までとなっているので、土曜、日曜を挟んで回答を作成するための時間はホンの2,3日しかないため、ほとんどが事務局任せとなってしまっているのが現実で、回答者である役員が事務局から出された回答案を短時間のうちに見て、総会の場での発言となるので、なかなか質問者が納得できる回答が得られないというのがこれまでの正直な感想なのですが、今回もそこは改善されていません。

私は私なりに、第1業務部に対する質問のうち私が担当するものに関する回答案を自分で作成して事務局を通して部長にお渡ししましたが。。。

昨年の総会議事運営委員会でもそのことが話題となりましたが、具体的な改善策は提起できずに来てしまったので、今回の議事運営委員会の中では、質問書の締め切り日を14日前までとし、事務局ではなく、担当役員が責任をもって回答を作成し、質問集だけでなく、回答も併せて印刷が出来る体制を作れるようにするなどの改革案を提案していこうと考えています。

明後日の総会の場では、先日まとまった「改正行政書士法による『聴聞・弁明手続代理業務のガイドライン』」が配布される予定となっています。日行連役員や全国の代議員の皆さんが手にとって、是非、ご一読されることを切望しています。その夜の懇親会で、感想を聞いてみたいものです。

Next »